• ゴルフ会員権とはどのようなものでしょう

    わたしはゴルフはやらないのですが、一般成人は、ほぼ誰でも知っている言葉と思われる、ゴルフ会員権という名称。

    「会員権」と言う字、わたしは「会員券」の方だと思っていました。

    なるほど「会員カード」と言う事でなく、会員が持つ「権利」と言う事です。

    それでは、会員が有する権利とはなんでしょう。

    まずは、ゴルフ場を会員として優先的に利用する権利があると言う事です。

    ゴルフ場が主催するイベントへの参加権が有ります。

    一般の利用者と比べ、安くプレーする事が出来ます。

    預託金制の場合は、退会時や一定の期間を満たした後、預託金の返金要求をする権利も発生します。

    また、ゴルフ会員権には、平日利用のみや、週日のみ、女性限定などの制限を設けて価格を抑えたものあり、価格を抑えて入会しやすくするゴルフクラブもあります。

    クラブで契約した金額は、市場で評価され、株価のように、価格が変動したりもします有価証券として扱われ、プレーするほかに資産として所有するケースもあります。

    ゴルフ会員権にはどんな種類があるか

    ゴルフ会員権といっても、いくつかの種類に分かれます。

    社団法人制のもの、純粋にゴルフを通じて体育振興を目的として設立せれており、利益の追求をしない法人によるゴルフクラブで会員権の売買はできない場合が多いようです。

    株式会員制のクラブでは、会員が経営会社の株を購入し、株主として出資し、経営、運営にも携わり、営業利益の配分をうけることができます。

    日本で最も一般的なのは、ゴルフ会員権として、預託金を預ける会員クラブです。

    ゴルフ会員権について

    一定の預託金を収め、クラブ規約上の権利を行使していくもので、経営運営には関わりを持たず優先利用者として楽しむクラブです。

    運営クラブは、会員から募った預託金を資金にして経営をするもので、会員権の売買や、譲渡も認められる有価証券としての会員権です。

    この中には月曜日〜金曜日の週日限定会員、月曜日から土曜日の平日会員、女性限定のレディース会員などを有し、通常のクラブ会員の50%、30%、20%など入会しやすい条件を提示して会員を募るクラブも多くあります。